*

眠りに重要なα波を出して眠りやすくするBGMを考える

      2016/07/01

Pocket

睡眠に音楽が必要な理由

寝るときに音楽が必要かを考えると結論から言えばNOなのです。

基本的には音楽は、睡眠を妨げると言われています。音楽は少なからずとも脳の活性を活発にしてしまうことで眠りを妨げてしまう可能性があるからです。

しかし、音楽の種類によっては眠りを誘い脳をリラックスできるBGMがあります。

こちらの記事も参考にしてみてください。

『ジブリにバイノーラルビート音楽で快眠できるのか考えてみた』

音楽とリラックス

人間は、音楽を聴くと音楽を聴いたという信号を脳に伝えます。

例えば、寝るときに適していると言われているクラシック音楽などでは、α派が誘発されて心身ともにリラックスすると言われています。α派が出ることで脳は覚醒しているがリラックスしている状態の時にのみ現れると言われています。

つまり、睡眠時のBGMとしては、クラシック音楽で心地よい音楽を聴くことでリラックス効果が得られて睡眠としても効果が高いと言われています。

眠りの為にこんなBGMを選んでみた

睡眠時のBGMとしてリラックス効果が高い音楽をえらんで脳を刺激しないようにリラックスできる音楽を選曲する必要がある。

間違ってもロックや激しい曲を好きだかと言って選んでしまうと脳を興奮状態にしてしまう可能性が高くなるので避けた方がよいだろう。

睡眠に適している音楽とは右脳を刺激するようなリラックスできる音楽です。

他にも

落ち着いている

一定のテンポの曲

歌詞がなるべくない事

などが睡眠には効果的ではないでしょうか。

実際にはよく眠るときに選曲される音楽としてはジブリやバイノーラルビートやクラシック、自然音も効果的ではないでしょうか。

ジブリとバイノーラルビートの説明はこちら

『ジブリにバイノーラルビート音楽で快眠できるのか考えてみた』

やっぱり自然音

眠りにつくときのBGMでオススメな一つとして自然音です。

自然音は先ほどあげた条件

リラックスできる

落ち着いている

一定のテンポの曲

歌詞がなるべくない事

にも当てはまっており、緊張や不安感もなくなるのではないでしょうか。

自然音の『1/fゆらぎ』

自然音には『1/fゆらぎ』を持ち、規則正しさと不規則さがバランスよく調和しているパターンのことでクラシック音楽にもあると言われています。

この『1/fゆらぎ』が脳がリラックスできるα派を活性化させると言われています。

眠りのBGMの音量、時間はこのくらい

当たり前のことですが、音量も入眠時に大切な要素となります。

音量は静かに図書館をイメージして

眠りやすいBGMの音量として、脳を活性化させすぎない音量が必要でしょう。

そのイメージとしては静かな図書館くらいの感じが良いのではないでしょうか。

時間的には眠る前の30分程度でよい

あまり長い時間音楽をかけすぎると、眠りのゴールデンタイムである眠ってから深い眠りに入る3時間の間にかかってしまうのは避けるべきです。

30分程度で眠りにつけるよう習慣づけて、タイマー設定をしておく必要があるでしょう。


Pocket

 -眠りと音楽, , , ,

  関連記事

これでグッスリ眠れる!478呼吸法のすべて

ストレスから不眠を呼び込んでいる 眠りを妨げる原因として自律神経のバランスが崩れている事も考えられま

ジブリにバイノーラルビート音楽で快眠できるのか考えてみた

音楽は睡眠を邪魔しないのか 寝るときに音楽を聴くと眠りやすいのか? また、眠りに眠りにつきやすくなる

これが国が作成した眠りのための6か条

成人のおよそ5人に一人が睡眠に対して問題を抱えていると言われています。社会が高齢化していることや夜型

快眠のために寝る前にすること5選

快眠を得るためには寝る前の準備が必要となる。 いくら疲れていてもスムーズに眠りにつくことができないこ

記憶力も向上する昼寝のメリット

お昼ご飯を食べるとどうしても眠気が来てしまう。 ついつい、昼寝をしてしまう。 こんな経験は、誰にでも

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

むしろ寝たほうがダイエット出来るということ

快適な睡眠をとることでやせるということが分かってきました。現在流行りともなっている「オーバーナイトダ

疲れが取れない!やってはいけない睡眠法

寝たつもりなのにいつも朝起きるとだるい。 そこそこ時間をかけて寝ていたのに寝た気がしない。 寝たら余

睡眠に効果の高い味噌汁について人気の高い具を選んでみた

味噌には健康に良いいろいろな効果があり,栄養学の面からも医学的な面からも優秀な食材です。 その中でも

横向きに寝ていびきを改善する→深い睡眠も得られる

「いびき」の原因は様々考えられますが主に空気の通り道である上気道が、狭くなることで空気が通過すること

これが国が作成した眠りのための6か条

成人のおよそ5人に一人が睡眠に対して問題を抱えていると言われています。社会が高齢化していることや夜型