*

不眠でなくなるために《お風呂》で改善してみる方法

      2015/12/24

Pocket

a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_s

不眠はお風呂が大切

睡眠不足、不眠が身体や心にもよくなく、仕事や生活にも影響を及ぼします。

それでは生活のリズムどころか基本的な生活が成り立ちません。

寝不足が続いて肌が荒れたり集中力の低下やイライラや不安感尽きることがない悩みに惑わされます。

睡眠不足によるホルモンの低下が原因で起こる身体と心の不調です。

良い眠り、快適な睡眠、質の良い睡眠を得ることによって解消される症状なのですがなかなかこの不眠の生活習慣が変われないの現実です。

現代が生む不眠症

仕事やネット、お付き合いな現代には欠かせないそして仕方のない事のおかげで不眠を引き起こすような習慣が続きます。

しかし少しでも快眠、質の良い睡眠を得るために、不眠でならなくなるために考えるこのサイトで少しずつ改善しましょう。

眠るときの環境をひとつづつ変えることで質の良い眠りで不眠を改善しましょう。

お風呂で変わる不眠症 やってみる価値あり

今回の「テーマ」はお風呂。

お風呂に入ることにより快適な睡眠を得れることは間違いありません。

つまりお風呂で体を温めるのです。

もう、日本人なら今までの経験上わかっているはずです。

しかし、現代では忙しさのあまり湯船につからないでシャワーだけで流してしまう人も多くリラックスや快眠に必要な要素をなくしている人もいるのです。

不眠症の効果的な入浴法

では不眠にならない快眠できるお風呂の入りかたとはどのような方法でしょう。

まずは、入眠、眠る2時間前に入浴することです。

ストレスなどで眠れなかったり、生活リズムが崩れて、不眠になったりとか続く時は

ぬるめのお湯に20分〜30分ほどゆっくり入ってリラックスすることで日々の生活のストレスからゆっくりと開放されるイメージを持って入るとよいでしょう。

もっとすっきりしたい日は熱めのお湯に3分から5分入って交感神経を刺激して効果的な入浴をします。

やってはいけない入浴法

決して熱いお風呂に入り続けてはいけません。

この効果的な入浴時間、効果的な温度を覚えておきましょう。

もちろん冬場も寒さ、すなわち手足の冷えで眠れないこともありますから不眠にならないためにも、快適な睡眠のためにも入浴で体温をあげることは大切となります。

不眠でなくなるために《お風呂》で改善してみる方法のまとめ

より良い睡眠のためにも、不眠にならないためにも生活のリズムを整えて身体を適度な温度で温めることが大切です。

その快適な温度は、ぬるめのお湯に20〜30分で入眠前2時間がベストです。

 

Pocket

 -眠りとお風呂, , , , , ,

  関連記事

睡眠の質を高める為に寝る前にすること7つ

睡眠を上手にとることは、決して長い時間寝ればよい睡眠がとれて体も脳もしっかりと休めて疲れが取れるとい

快眠のために寝る前にすること5選

快眠を得るためには寝る前の準備が必要となる。 いくら疲れていてもスムーズに眠りにつくことができないこ

眠れるお風呂の入り方を考える

不眠に効くお風呂とはいったいどういった入り方か 良い睡眠、よく眠れるようになるためにはお風呂が大切な

これが国が作成した眠りのための6か条

成人のおよそ5人に一人が睡眠に対して問題を抱えていると言われています。社会が高齢化していることや夜型

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

むしろ寝たほうがダイエット出来るということ

快適な睡眠をとることでやせるということが分かってきました。現在流行りともなっている「オーバーナイトダ

疲れが取れない!やってはいけない睡眠法

寝たつもりなのにいつも朝起きるとだるい。 そこそこ時間をかけて寝ていたのに寝た気がしない。 寝たら余

睡眠に効果の高い味噌汁について人気の高い具を選んでみた

味噌には健康に良いいろいろな効果があり,栄養学の面からも医学的な面からも優秀な食材です。 その中でも

横向きに寝ていびきを改善する→深い睡眠も得られる

「いびき」の原因は様々考えられますが主に空気の通り道である上気道が、狭くなることで空気が通過すること

これが国が作成した眠りのための6か条

成人のおよそ5人に一人が睡眠に対して問題を抱えていると言われています。社会が高齢化していることや夜型