*

睡眠のメカニズム

f7fe4f5d8e90c3d6b73f8fb2dae083bf_s

睡眠のメカニズムとはいったい?

睡眠のメカニズムとは?

昔から人にしても動物にしても植物にしても基本的な生活や成長を送るためには,睡眠というか休息、いわゆる夜を迎えるものです。

元来、日が昇り目が覚め日が落ちると寝るそんないわゆる体内時計があるものです。

そして体を維持していくためには、栄養・運動と並んで健康増進のするための基本的な行動とされている睡眠。

毎日心地よくなむって活動的に動いていわゆる快眠を迎えることによって健康的な毎日を送りたいものです。

しかし日本では現在、何らかの不眠症、睡眠障害に悩まされている人が多くいます。

不眠症とは、睡眠時間が何時間以下というわけではなく、朝起きた時に寝不足感が強く睡眠不足を強く感じ、苦痛や疲れを感じることを指します。

ですから睡眠不足による疲れや苦痛を感じないよう健康的な毎日が送れるようないわゆる快眠そして睡眠の質をしっかりと考えることが必要です。

睡眠のメカニズムとは?

睡眠のメカニズム

睡眠には一定のパターンを持ち、いったん眠りにつくとそのまま同じような状態が続くと考えがちですが2つの異なる眠りのパターンからなったいます。

レム睡眠とノンレム睡眠

一つはレム睡眠と呼ばれる睡眠中に眼球が素早く動くことから名付けられた睡眠と眼球運動を伴わないノンレム睡眠に分けられます。

レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しながらいわゆる浅い睡眠や深い睡眠を繰り返すわけですが正常な人ではノンレム睡眠に始まり深い睡眠まで眠りますがこのノンレム睡眠が続くと睡眠が浅くなりレム睡眠となりこの周期を何度も繰り返します。

しかしそれぞれの睡眠、レム睡眠、ノンレム睡眠には役割がありレム睡眠には脳はかなり活動しており身体は筋肉の緊張感がなくなりグッタリしています。

レム睡眠

身体を休めるための睡眠であり、夢を見ているのもこのレム睡眠だと言われています。

ノンレム睡眠

そしてノンレム睡眠は、脳の発達に従って増えると言われており

成長につれて脳を使うことが多くなるため脳の眠りが必要となるため、ノンレム睡眠をしているようです。

このようにノンレム睡眠は脳の眠りともいわれています。

それぞれの睡眠の役割がありこのレム睡眠、ノンレム睡眠を繰り返して割合によって

快適な睡眠、心地よい睡眠をするのです。


公開日:
最終更新日:2016/01/13

むしろ寝たほうがダイエット出来るということ

快適な睡眠をとることでやせるということが分かってきました。現在流行りともなっている「オーバーナイトダ

疲れが取れない!やってはいけない睡眠法

寝たつもりなのにいつも朝起きるとだるい。 そこそこ時間をかけて寝ていたのに寝た気がしない。 寝たら余

睡眠に効果の高い味噌汁について人気の高い具を選んでみた

味噌には健康に良いいろいろな効果があり,栄養学の面からも医学的な面からも優秀な食材です。 その中でも

横向きに寝ていびきを改善する→深い睡眠も得られる

「いびき」の原因は様々考えられますが主に空気の通り道である上気道が、狭くなることで空気が通過すること

これが国が作成した眠りのための6か条

成人のおよそ5人に一人が睡眠に対して問題を抱えていると言われています。社会が高齢化していることや夜型