*

睡眠不足が太るという事実

      2016/12/05

Pocket

睡眠が体に及ぼす影響が大きく、不規則な生活によってさまざまな弊害が考えられる。睡眠不足によって寿命が縮まるようなことも考えられることから最近ではまた質の良い睡眠が見直されてきている。

肥満についても例外ではなく,いくらダイエットの努力をしても睡眠不足によって太ってしまうという事実がある。

睡眠不足が招く弊害

睡眠不足によってさまざまな障害が体に対して出てくる。以前の記事の中でも書いたように『こんなにある【睡眠不足】による悪影響』睡眠時間が足りないと健康的な生活を送れない可能性がある。

睡眠不足の様々な研究がおこなわれてきているのですが、6時間以下の睡眠を続けることによって最適な睡眠時間が得られてない場合、判断力の低下が著明にみられ、その判断力の低下は2日徹夜しているのと同じくらいの判断力になると言われています。

その危険性は飲酒状態と同じような判断力になることもある。仕事や車の運転、学習などに睡眠不足は大きく影響してくる。

睡眠時間と肥満

肥満が健康に影響するということは、メタボなどの言葉でもわかるように近年では、かなり疾患を生む一つの病気の危険因子として言われているのは分っている。その肥満を生むのが睡眠不足だということは逆に知られていないでのはないでしょうか。

アメリカのコロンビア大学の研究では、約二万人を調査した結果驚くべき結果が出た。

睡眠時間が4時間以下の人と7時間以上の十分な睡眠をとっている人を比べると、睡眠時間が4時間以下の人は73%も肥満になりやすいということでした。

その上で睡眠時間が5時間では50%、6時間では23%と明らかに睡眠時間と肥満の関係性が証明されたと言えるでしょう。

満腹感と空腹感がおこす現象

睡眠不足になると食事の量が増えて肥満になるということは分ったのですが、なぜ肥満になるのでしょうか。

人間は食事をしている時に満腹を感じる時に脂肪細胞から作られる『レプチン』というホルモンを分泌して脳の満腹中枢を刺激して満腹感を感じています。

一方、胃から作られる『グレリン』というホルモンが食欲を増進させるホルモンとして空腹を感じさせると言われています。

この『レプチン』と『グレリン』というホルモンのバランスで食事の量や質までも決めているのです。

結局睡眠不足で食事の量が増える

睡眠不足が起こす現象としてこのバランスが崩れてしまうことで肥満を引き起こすと言われています。

スタンフォード大学やシカゴ大学などの研究では、睡眠不足になると食欲を抑える『レプチン』が減少して、食欲を増す『グレリン』が増えるといことが分りました。

さらには、食欲を増す『グレリン』が増えると高カロリーな食事を摂りたくなるということもわかっています。

すなわち、睡眠不足が太りやすい物を好んで食べたくなり、太る体を作るのです。

寝てる間に脂肪燃焼

睡眠中でも身体の中で代謝を起こしていて多くのエネルギーを消費しています。

寝ている間に体を動かしていなくても脳が活動していたり、体温を保っていたり、呼吸していたりと基礎代謝をしているので多くのエネルギーを使っています。

肥満の負のスパイラル

肥満が起こる時には、今まで書いてきたように睡眠不足から始まって太っていくというさらに眠りに対しても悪いことを引き起こし負のスパイラルへとはまり込みます。

1.睡眠不足から食欲を増す『グレリン』が増える

2.食欲が増して、高カロリーな食べ物が欲しくなる

3.エネルギーを貯めこみ脂肪がたまる

4.気道を閉塞しやすい睡眠時無呼吸症候群で睡眠の質が悪くなる

5.睡眠不足になる

6.1へもどる

この負へのスパイラルが肥満を引き起こしていく。

睡眠不足が太るという事実のまとめ

質の悪い睡眠、睡眠不足を続けると不健康へのスパイラルにはまってしまう。

ちょっとしたダイエットや痩せようと考えるのなら無理なことはせずに質の良い睡眠をとった方が痩せる健康に良いダイエットだと言える。


Pocket

 -眠りと食べ物, 睡眠不足からくる症状, , ,

  関連記事

快眠のための味噌汁は朝に摂る

睡眠を変える食べ物 質の良い睡眠をするためには、生活のリズムも大切ですがそれ以上に食生活も大切となり

こんなにあった睡眠時の口呼吸のデメリット

快適な睡眠を取り、質の良い睡眠のためにも口呼吸ではなく鼻呼吸することで健康的な1日のサイクルを送れる

疲れが取れない!やってはいけない睡眠法

寝たつもりなのにいつも朝起きるとだるい。 そこそこ時間をかけて寝ていたのに寝た気がしない。 寝たら余

食事を減らすことで睡眠時間を短くしてみることを考える

少食が睡眠時間を短くする 食事の量と睡眠時間は関係あるのかということを考えてみた。 結論から言います

寝る前にはバナナを食べるという習慣で寝つきが良くなる

夜バナナ、朝バナナ睡眠に効果があるのは? 睡眠不足や寝つきが悪いため翌日にも悪影響をもたらす人が多い

睡眠の質を高める為に寝る前にすること7つ

睡眠を上手にとることは、決して長い時間寝ればよい睡眠がとれて体も脳もしっかりと休めて疲れが取れるとい

睡眠時間が少なくして学習効率を上げる

日本人の平均睡眠時間 睡眠時間は、人それぞれで年齢によっても最適と言われる睡眠時間に変化がある。もち

睡眠に効果の高い味噌汁について人気の高い具を選んでみた

味噌には健康に良いいろいろな効果があり,栄養学の面からも医学的な面からも優秀な食材です。 その中でも

睡眠に大きくかかわるメラトニンについて考えてみる

睡眠にとって大きな役割を持つメラトニンは、睡眠ホルモンとも呼ばれて睡眠に大きくかかわっています。メラ

睡眠不足からくる【クマ】のメカニズムと解消法

寝不足や明らかに疲れてしまった朝、クマがひどく出ていることはないでしょうか? 明らかに疲れた顔になっ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

むしろ寝たほうがダイエット出来るということ

快適な睡眠をとることでやせるということが分かってきました。現在流行りともなっている「オーバーナイトダ

疲れが取れない!やってはいけない睡眠法

寝たつもりなのにいつも朝起きるとだるい。 そこそこ時間をかけて寝ていたのに寝た気がしない。 寝たら余

睡眠に効果の高い味噌汁について人気の高い具を選んでみた

味噌には健康に良いいろいろな効果があり,栄養学の面からも医学的な面からも優秀な食材です。 その中でも

横向きに寝ていびきを改善する→深い睡眠も得られる

「いびき」の原因は様々考えられますが主に空気の通り道である上気道が、狭くなることで空気が通過すること

これが国が作成した眠りのための6か条

成人のおよそ5人に一人が睡眠に対して問題を抱えていると言われています。社会が高齢化していることや夜型